• ホーム
  • ハウスメーカーに対して値引きしても大丈夫?適切な時期は?

ハウスメーカーに対して値引きしても大丈夫?適切な時期は?

おしゃれなリビングルーム

住宅のように高額な買い物では値引きが有効な場合があります。すべてのハウスメーカーで値引きをする訳ではありませんが、時期を選ぶことや競合をつくることにより交渉が可能なことがあります。価格が下がる可能性があるのは契約直前や決算時期の他、あいみつを取る時などです。適切な値引き交渉は値段が下がるために必要なことですが、過度は交渉は品質の低下を招いたり、信頼関係を損ねたりする危険があるので得にはなりません。

大きな金額の買い物では値段の交渉は当たり前のことです。ハウスメーカーもあいみつなどにより自社の価格が比較的安いことを顧客にアピールしますが、本気にする必要はありません。低価格住宅でなければ、交渉の初めに提示される価格は高めに設定されます。顧客から何も話が無ければ、その価格で決定されることもありますが、競合などのある場合は会社側から値引きの提示があるはずです。なにも提示が無い場合は契約直前や決算期などに値引きを要請するのが適切です。

何事も適切な時期があるように、値引きにもふさわしい時期があります。その会社に決めるか迷っている時期は最も価格交渉のしやすい時期と言えるでしょう。さらに、決算時期は会社の都合で契約を増やしたい意思が働き、価格を下げやすくなります。

契約直前も話のしやすい時期と言えるでしょう。値引き交渉はそのような時期を逃さないことが大切なのです。顧客が何も言わない場合に会社から価格を下げる提案をしてくることは無いので、顧客側からの積極的な提案が望まれます。

設計を進めて見積もり段階まで進んだ場合、予定していた予算内に価格が収まらないこともあります。その場合は単なる値引き交渉に頼るのは危険です。過度な価格要請は住宅の品質を下げることになりかねません。無理に引き下げを要求しないで、面積や仕様の調整を含めた価格の再提示を要求する方法が効果的なのです。面積や仕様の変更により価格は下がるので、無理なく値引きの交渉が可能となります。

住宅の価格調整は面積や高さなどの構造部材の変更は避け、仕上げのグレードや設備機器により調整するのが上手なやりかたです。そのためには初めから面積は抑え気味にし、仕上げは余裕を持たせることで、後の調整が楽になるのです。設備機器は最低限度の機能があれば良く、それ以外は調整の対象とすることができます。外部仕上げは耐久性に影響するので、内部仕上げの調整で価格を下げる方法が無難です。