• ホーム
  • 断熱性能は光熱費のランニングコスト以外にも関係するってホント?!

断熱性能は光熱費のランニングコスト以外にも関係するってホント?!

注文住宅では室内環境を快適に保つ必要性から断熱性能を高めることが不可欠です。断熱性能は外断熱や内断熱により高めることができ、その手法はハウスメーカーにより異なります。断熱性能を高める理由には光熱費やランニングコストを抑える目的もありますが、それ以外の別の理由もあるのです。
高温多湿の日本の気候風土の中では結露が発生しやすく、メンテナンスの手間とコストが発生します。注文住宅は断熱性能が落ちることで温度差が顕在化し、結露の発生が多くなるのです。このことは住宅の気密性が向上し、湿気がたまりやすくなっていることとも関係しています。

外断熱や内断熱は住宅のランニングコストを抑えるのに役立ちます。ランニングコストは光熱費など経年的に必要となるもので、イニシャルコストとのバランスも重要となります。イニシャルコストは建築費が代表的で、一度整備すればその後に負担となるものではありません。ランニングコストは長く費用が発生するので、継続的な負担となるのです。外断熱や内断熱で内部を一定の環境に保つことは冷暖房費の削減につながり、ランニングコストを抑えてくれます。

日本の気候は季節による温度変化が大きいことが特徴となっています。また、夏に多湿となることも特徴として挙げられます。温度変化と多湿は結露の発生を促してしまうのです。結露は冬と夏では発生場所が異なりますが、その発生メカニズムは同じです。冬は暖房により室内の温度が上昇し、多湿となります。外壁やサッシが外気温で冷やされると、その室内側に水滴が発生するのが結露の発生メカニズムなのです。

結露は壁やサッシの表面に発生する分には問題は少ないと言えます。メンテナンスも比較的楽ですが、材料の劣化は進んでしまいます。一方、結露が壁の内部で起きた場合は対策が難しくなるのです。壁の内部で結露が発生した場合は発見が遅れ、内部で腐食が進んでしまいます。構造材が腐食した場合は家全体の耐久性に悪影響を与えてしまうのです。

室内を快適に保ち、かつ、結露の発生を抑えるためには断熱材の設置と共に気密性を高めることが必要となります。断熱は材料を壁内や天井裏に設置するか充填します。板状の断熱材は隙間が発生しやすいので、隙間が発生しない吹き付けタイプも用意されているのです。気密性はビニル製のフィルムにより行います。室内とそれ以外の部分を区画するように、壁や天井の室内側にビニル製のフィルムを設置することで、湿気が壁に入るのを防ぐ必要があるのです。