• ホーム
  • 日本の暑い夏に高気密高断熱は本当に効果的?換気で結露は防げる?

日本の暑い夏に高気密高断熱は本当に効果的?換気で結露は防げる?

日本の夏は高温多湿が特徴の一つです。高温多湿の気候によりカビや結露の発生が促されるのです。今の住宅は昔と比べて密閉度が高く、隙間風が入りにくい構造となっていることもカビや結露の発生を多くしていることもあります。カビや結露は長い年月をかけて構造部材を腐食させ、建物全体の耐久性を落としてしまうのです。注文住宅ではカビや結露の発生を防ぐ必要があり、高気密高断熱とすることが効果的となります。そのことで外部の影響を受けにくい室内環境をつくり、換気の効率の効率を高めることができるのです。

注文住宅で依頼者が気密性に注目することはあまりありません。しかし、気密性は住宅のメンテナンスに大きく影響するのです。住宅は断熱性能を高めたとしても、気密性が悪い場合は室内の湿気が外壁に浸入してしまいます。高温多湿な日本では室内に湿気が溜まりやすく、それが壁の内部に入ることで内部結露を起こしてしまいます。内部結露は構造体を腐食させ、住宅の耐久性を短くしてしまうのです。

住宅は断熱により室内を快適な環境に保つことができます。しかし、気密性が悪いままだと湿気を壁に通してしまいます。室内を快適に保ち、壁に湿気を通さないためには高気密高断熱とすることが効果的です。昔の日本家屋は隙間風が多く、家の中に湿気が溜まることを心配する必要はありませんでした。しかし、昔の家は寒さを激しく感じるので、快適な空間とは言えなかったのです。現代の住宅は快適な内部環境を目指し、温度や湿度を調整しています。そのためには、高気密高断熱が必要となるのです。

室内の湿気は換気によっても除去することができます。換気により湿気の多い空気が屋外に出されるので、結露の危険は低くなります。建築基準法ではシックハウス症候群対策の必要性から住宅に24時間換気扇の設置を義務付けています。この換気扇を有効活用することで、室内の湿度を適切に保つことが可能となるのです。換気量が多い場合は暖房の空気が外へ逃げてしまうので、その調整は適切に行う必要があります。

住宅では耐久性を落とさないように内部結露の発生を抑えることが必要です。そのためには高気密高断熱の住宅を実現すると共に、適切な換気を行うことが必要なのです。換気は機械だけでなく、窓による自然の方法も効果的です。窓は省エネサッシと熱伝導の少ないガラスの採用により断熱性を高めることも必要です。省エネを理解するハウスメーカーを選ぶことも重要となります。